これまでの主な活動

短歌・エッセイ


第一歌集
愛を歌え
2019年7月23日発売
価格:1,800円(税別)
発行:青土社
Amazonでの購入はこちら

Web連載
解放宣言
講談社「FRaU」WEB版でエッセイ連載中。

エッセイ集
ゲイだけど質問ある?
2018年11月22日発売
価格:1,500円(税別)
発行:講談社
Amazonでの購入はこちら
Amazon Kindleでの購入はこちら

短歌のショートフィルム『ラストデート
鈴掛真による第一回監督作品。
2022年1月〜3月に東京都町田市で開催された合同展示企画『57577展』で初公開。
脚本・編集・撮影も鈴掛真が務めました。
全てiPhoneだけで撮影しているのも見所です。
短歌のリリックビデオ『Cry
クラウドファンディングで制作費を募り、クリエイティブユニット 19 –juke–と共に短歌を映像化した、世界初の『短歌のリリックビデオ』。
プロジェクト詳細はこちら。

フォトエッセイ単行本
好きと言えたらよかったのに。
世界で一番せつない62のメッセージ
2012年6月18日発売
価格:1,260円(税込)
発行:大和出版
印刷版は完売しました。
Amazon Kindleでの購入はこちら

短歌造形アイテムプロジェクト
31on(サンジュウイチオン)
鈴掛真が自らキャンバスに刺繍を施した『刺繍短歌』シリーズをネットショップで販売中。
詳しくはこちら。

koino31moji01

Web連載
鈴掛真の恋の三十一文字
Webマガジン「newTOKYO」で2021年3月〜6月、新作の短歌とショートストーリーを全4回連載。
ホームページはこちら。

Print

歌人 鈴掛 真 × 名古屋学芸大学映像メディア学科
協働プロジェクト展
『言葉では伝えきれない感情に
耳をすまして見えてきたもの』

2020年2月9日(日)〜3月10日(日)(新型コロナウイルスの影響で2月27日に中断)
文化フォーラム春日井・ギャラリー
愛知県春日井市鳥居松町5-44
入場無料
主催:公益財団法人かすがい市民文化財団

母校の名古屋学芸大学 映像メディア学科の学生・教員と共に、短歌と映像・写真・インスタレーションを融合するプロジェクト展。
歌集『愛を歌え』に収録された短歌を、学生たちが各々の解釈でアート作品に再構築。

短歌展『そして言葉の導く先に』
2018年5月8日(火)〜20日(日)
文化フォーラム春日井・ギャラリー
愛知県春日井市鳥居松町5-44
入場無料
主催:公益財団法人かすがい市民文化財団

愛知県春日井市の市立ギャラリーで行なったインスタレーション。
本も、紙も無い、そこに言葉だけが存在し得る世界を、透明素材とプロジェクターの投影で表現。

tankajin_201906

短歌結社「短歌人」
毎月末に結社誌発行。
会員1欄に作品掲載。
ホームページはこちら。

koinouta201504

雑誌連載
鈴掛真の恋の歌
雑誌 Tokyo graffiti(東京グラフィティ)で新作短歌とエッセイを2015年1月~2016年12月まで連載。
ホームページはこちら。

zeitakutanka
Web連載
心を豊かにする短歌講座
贅沢短歌

森永乳業「PARM」主催のWebマガジン「Daily Premium Calendar」で2012年7月~2013年9月まで毎週火曜日連載。毎月異なるテーマで、オリジナルの短歌・コラム・創作のコツを掲載。また毎月最終週には、自身がパーソナリティを務めるWebラジオを配信。

広告


三越伊勢丹グループのキャンペーン「彩り祭 2022」の広告キャッチコピーを短歌で担当

伊勢丹新宿店のピンクリボン運動啓蒙ショーウィンドウに短歌を提供

新宿まちフェス2017『伊勢丹新宿店presents PINK FOR ALL!! ファッションパレード』キャッチコピーを短歌で制作

講演


愛知県春日井市 かすがい市民文化財団アウトリーチで中学校にて短歌の授業を随時開催。
全国から講演・トークショーなど依頼受付中。

・下北沢B&Bで『愛を歌え』刊行記念 鈴掛真×山崎あおい「共感されるコトバの書き方」開催
・町田市立成瀬台中学校 平成30年度「社会人せんせい」で短歌の授業を開催
・下北沢B&Bで『ゲイだけど質問ある?』刊行記念 鈴掛真×カツセマサヒコ「言葉で世界は変えられるのか」開催
・阿佐ヶ谷ロフトAでトークライブイベント「鈴掛真ナイト feat.古市憲寿 古市さんに聞いてみよう!」開催
など

小説


dokuraku201503

徳間書店「読楽」2015年3月号
読み切り短編小説
『パンティーデスティネーション』

dokuraku201407

徳間書店「読楽」2014年7月号
読み切り短編小説
『暁に背く』

dokuraku201403

徳間書店「読楽」2014年3月号
読み切り短編小説
『イン・レッド』

kongairenai

光文社文庫
宮木あや子
『婚外恋愛に似たもの』

巻末解説を寄稿

雑誌・新聞


nhktanka201310
Adobe Photoshop PDF
eureka201608cover

・朝日新聞2022年12月14日夕刊「あるきだす言葉たち」に短歌連作『悪い人』寄稿
・本阿弥書店「歌壇」2021年7月号特別企画「星に願いを——歌にのせて」に短歌3首寄稿
・小学館「Maybe!」vol.9の特集「憧れのあの人は、何にお金を使ってる?68人に聞きました!」に掲載
・朝日新聞出版「AERA」2019年12月23日号の特集「SNSが短歌をアップデートした」にインタビュー掲載
・短歌研究社「短歌研究」2019年11月号の特集「新人第一歌集・相互リレー書評」に参加
・角川「短歌」2019年10月号の特集「結社賞受賞17歌人 大競詠」に5首連作『無に帰する』寄稿
・マガジンハウス「anan」2137号にインタビュー掲載
・短歌研究社「短歌研究」2018年2月号の特集「あたらしい相聞歌をさがして」に短歌連作『海より深い』寄稿
・青土社「ユリイカ」2016年8月号にエッセイ『僕が「君」のことを詠う理由』寄稿
・青土社「ユリイカ」臨時増刊号「イケメン・スタディーズ」にエッセイ『イケメンじゃなかったはずなのに。』寄稿
・NHK出版「NHK短歌」2013年10月号 短歌連作『最後のセレナーデ』寄稿
・講談社「群像」2013年2月号 コラム『Sexy Zoneから目が離せない3つの理由』寄稿
・青土社「ユリイカ」2012年6月号 エッセイ『一杯の酒、一首の歌を』寄稿
など

テレビ・ラジオ


suzukake_jason
suzukake_kuramochi

・ネットニュース報道番組『ニューズ・オプエド』コメンテーターとして出演
・TOKYO FM MUSIC VILLAGE「倉持明日香のバトラジ!」にゲスト出演
・テレビ岩手 金曜MOVE「ボクらの夏 もうひとつの甲子園」に出演
・TOKYO FM『未来授業』出演
・「ひかりTV×美人時計」時報映像にモデル出演
・ フジテレビ「笑っていいとも!」『女性がいくら恋しても振り向いてくれない…オネメンコンテスト』出演