Profile

profile2

blueswallow  プロフィール


鈴掛 真 (すずかけ しん) 歌人

1986年2月28日生。愛知県春日井市出身。東京都在住。
名古屋学芸大学メディア造形学部卒業。短歌結社「短歌人」所属。
広告会社でコピーライターを3年間経験後、作家業に専念。
著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

幼少より絵画、舞台、音楽、ファッションなど、様々な芸術に触れ、大学在学中の2007年に歌人 天野慶の作品に衝撃を受け、短歌を始める。「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」をセオリーに、ブログ・Twitterで短歌を随時発表中。
短歌造形アイテムプロジェクト『31on(サンジュウイチオン)』では、自ら刺繍を施した「刺繍短歌」シリーズを展開。これまでにない独自のクリエイションを追求している。

徳間書店「読楽」2014年3月号で小説家デビュー。
同性愛者を公言している。


■2017年5月9日〜21日
鈴掛真×西田周平 二人展「僕たちはまだ歌を詠える」開催
■2017年5月6日、7日
東京レインボープライド2017で伊勢丹のブース展示「ISETAN kaleidoscope」にクリエイターとして参加
■2017年4月10日
阿佐ヶ谷ロフトAでトークライブイベント「鈴掛真ナイト feat.古市憲寿 古市さんに聞いてみよう!」開催
■2017年4月
メンズファッションWEBマガジン「MTRL」で連載【ゲイだけど質問ある?】再開
■2017年3月
WEBマガジン「Girls Artalk」の『イケメンと行く妄想アートデート』にモデルで参加

 

■2016年11月
WEBマガジン「Girls Artalk」でイラストレーター・eveとの短歌 × イラストのコラボレーションに参加
■2016年10月
メンズファッションWEBマガジン「MTRL」【読書の秋!】著名人に聞いたオススメ図書30選に参加
■2016年10月
TOYOTA(トヨタ)C-HR 広告キャンペーン『REAL SHOTS』に参加
■2016年7月
青土社「ユリイカ」2016年8月号にエッセイ『僕が「君」のことを詠う理由』寄稿
WEBマガジン「Kurera」にエッセイ寄稿
■2016年6月
Gow!Magazine」(ガウ!マガジン)で鈴掛真の【ゲイだけど質問ある?】連載開始
■2016年5月24日
日本武道館 株式会社napla イベント「DREAM PLUS 2016」でNORA Journey 田中衛のヘアショー演出に脚本で参加
■2016年5月9日
「ISmagazine」vol.4に表紙モデル・巻頭グラビア・インタビュー・短歌掲載
■2016年5月5日
歌人・枡野浩一による枡野書店で『31on』(サンジュウイチオン)LIVE刺繍イベント開催
■2016年4月8日
劇団カムヰヤッセン『レドモン』アフタートークにゲスト出演
■2016年3月18日
ネットショップモール 「BASE Mag.」に『31on』(サンジュウイチオン)掲載
■2016年3月5日
枡野浩一、天野慶によるトークイベント『ショートソング トーク』に加藤千恵、佐々木あららと共にゲスト出演
■2016年2月
ネットショップ『31on』(サンジュウイチオン)をオープン
フォトグラファー 花盛友里による『寝起き男子』にモデルで出演

 

■2015年12月
バイラルメディアWEBサイト「CuRAZY」(クレイジー)に『2015年に最も説得力があった12のつぶやき』で掲載
■2015年10月
メンズファッションWEBマガジン「MTRL」にインタビュー掲載
■2015年9月
OUT IN JAPAN」にメッセージとLeslie Kee(レスリー・キー)によるポートレートで参加
■2015年5月
芸術・美術・デザイン・音楽系への進学応援マガジン「ARTE(アルテ)」2015年版に巻頭インタビュー掲載
■2015年2月21日
短編小説『パンティーデスティネーション』徳間書店「読楽」2015年3月号に寄稿
■2015年2月10日
光文社文庫 宮木あや子『婚外恋愛に似たもの』巻末解説を寄稿
■2015年1月30日
ヒラノトシユキ個展「once upon a time」ギャラリートークに聞き手で参加
■2015年1月23日
月刊雑誌Tokyo graffiti(東京グラフィティ)で『鈴掛真の恋の歌』連載開始

 

■2014年12月
東京音楽大学付属高等学校 2014年度入試問題に短歌で採用
音楽之友社「音楽大学・短大・高校音楽科入試問題集2014年度」に掲載
■2014年11月22日
Tokyo graffiti(東京グラフィティ)2014年12月号「新種イケメンいろいろ図鑑」に掲載
■2014年7月
短歌結社「短歌人」所属
■2014年7月17日
青土社「ユリイカ」臨時増刊号「イケメン・スタディーズ」にエッセイ『イケメンじゃなかったはずなのに。』寄稿
■2014年6月21日
短編小説『暁に背く』徳間書店「読楽」2014年7月号に寄稿
■2014年5月13日
日本武道館 株式会社napla 60周年記念イベント「DREAM PLUS」で歌手・米良美一の朗読劇に脚本で参加
■2014年3月3日~3月11日
秋葉原 こまきしょくどう にて個展『短歌の食卓』開催
■2014年2月22日
短編小説『イン・レッド』で小説家デビュー 徳間書店「読楽」2014年3月号に寄稿
■2014年1月
中目黒 KINFOLK LOUNGE にて『SUZUKAKE BAR』開催開始

 

■2013年10月
アパレルショッピングサイト「XS Tokyo」にモデルで起用
■2013年9月20日
NHK出版「NHK短歌」10月号 短歌連作『最後のセレナーデ』寄稿
■2013年8月
楽天 × 美人時計 スイーツ男子」にモデル出演
■2013年7月
「ひかりTV×美人時計」時報映像にモデル出演
■2013年5月20日
NHK出版「NHK短歌」6月号 歌人・天野慶のコラム『百年たったら』に短歌掲載
■2013年3月25日
フジテレビ「笑っていいとも!」『女性がいくら恋しても振り向いてくれない…オネメンコンテスト』出演
■2013年2月
集英社トレンド情報サイト HAPPY PLUS(ハピプラ)「SPUR.JP的いい男ファイル」にインタビュー掲載
iOS用リズムゲームアプリ「マッチDEリズム」に声で参加
■2013年1月
講談社「群像」2013年2月号にコラム『Sexy Zoneから目が離せない3つの理由』寄稿

 

■2012年12月23日
短歌造形アイテムプロジェクト『31on』(サンジュウイチオン)発表
■2012年9月21日~23日
歌人・武井怜とのコラボレーション短歌集『交換短歌』をTHE TOKYO ART BOOK FAIR 2012で限定発売
■2012年8月31日
インタビューWebマガジン「SARUnet.com」に6,000字ロングインタビュー掲載
■2012年8月1日
新美容出版「Shinbiyo」2012年9月号に南青山のサロンDot +LIM(LIM hair)からモデルで掲載
■2012年8月1日~31日
Twitter上で歌人・武井怜とのコラボレーション企画『交換短歌』を実施
■2012年7月24日
内外出版社「CHOKi CHOKi」2012年9月号に原宿のサロンLIM CODEからモデルで掲載
■2012年7月10日
森永アイスPARM「DailyPremiumCalendar」で『心を豊かにする短歌講座 贅沢短歌』連載開始
■2012年7月5日
人と本の出会いを演出する情報ポータルサイト「読むナビ」にインタビュー掲載
■2012年6月26日
ファッション&ライフスタイルWEBマガジン「Hellomag」ME and STARBUCKSにインタビュー掲載
■2012年6月18日
大和出版よりフォトエッセイ単行本『好きと言えたらよかったのに。』発売
■2012年6月
青土社「ユリイカ」2012年6月号にエッセイ『一杯の酒、一首の歌を』寄稿
■2012年4月・6月
森永アイス PARM「Daily Premium Calendar」にブロガーとして参加
■2012年3月11日
東北大震災受難者鎮魂コンサート「和の輪」に朗読と歌で参加
■2012年3月7日
RIE BALLET PRODUCE Special Collaboration Event vol.1「リュミエール~新しい光を求めて~」に短歌で参加
■2012年2月29日
初の自主制作短歌集『三十一音のラブソング』発表
サラヴァ東京にて短歌集発表&バースデーパーティー開催
■2012年1月25日~2月14日
中目黒 Cafe & Bar Square hedgesにてバレンタイン特別企画展示・ワークショップ『短歌のラブレター』開催

 

■2011年12月25日
大阪 U CAFE にて『短歌の食卓@扇町 鈴掛真 短歌インスタレーション第2回』開催
■2011年9月
『短歌のよみ方@都立大学 鈴掛真 短歌講習会』開催
■第54回 短歌研究新人賞 入選

 

■2010年12月13~25日
飲み食い処 のひのひ にて『短歌の食卓@中目黒 鈴掛真 短歌インスタレーション第1回』開催
■2010年8月
ファッションデザイナー・フォトグラファー 鳥井信徳氏によるマガジン『[ H I K A R I ] no.000』に短歌で参加
■NHK全国短歌大会 平成20年度・21年度 2年連続秀作獲得
平成20年度『君の名を上手くきれいな発音でずっと言えずにいたような日々』川野里子選
平成21年度『突然に寒さの戻る春の日のような出逢いに震えていたんだ』石田比呂志選