新着情報


2020.11.28
イベント出演のお知らせ
生まれ故郷の愛知県春日井市で、第19回かすがい男女共同参画市民フォーラムを開催中です。
今年はWeb開催でどなたでもご覧いただけます。
鈴掛は「LGBTを知ろう」をテーマにメッセージ動画で参加しています。
こちらからぜひご覧ください。

00_フォーラム表紙-1024x456
2020.10.25
メディア掲載のお知らせ
生まれ故郷の愛知県春日井市が発行している無料情報誌『FORUM PRESS』の100号記念版の特集「とどけ、言葉」にコメントが掲載されています。
春日井市役所をはじめ、市内の各所で入手できます。ぜひご覧ください。
WEBからもご覧いただけます。
FP100_web

2020.6.18
メディア掲載のお知らせ
小学館のファッション&カルチャーマガジン Maybe! vol.9の企画「憧れのあの人は、何にお金を使ってる?68人に聞きました!」に参加しました。
ぜひご覧ください。
Amazonでの注文はこちら。
maybe09

2020.4.25
歌集『愛を歌え』電子版リリースのお知らせ
第一歌集『愛を歌え』が、Amazon Kindleに対応し、いつでもどこでも持ち歩けるようになりました!
書籍版と併せてお楽しみください。
注文はこちら。
aiwoutae_shoei

2020.2.28
展覧会中止のお知らせ
愛知県春日井市の文化フォーラム春日井・ギャラリーで開催中だった「言葉では伝えきれない感情に耳をすまして見えてきたもの」が、2月9日(日)から3月8日(日)までの会期のところ、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、急遽2月27日(木)をもって終了となりました。

 

残りの10日間は、鈴掛真の在廊日が複数あり、また春日井市主催の関連イベントの開催も予定されていたため、ご来場くださる予定だった皆さんが多かった最中の発表となり、大変申し訳ございません。
しかしながら、自治体の主催イベントとして、市民の皆さんの安全を第一に考えた春日井市の決断を、心から尊重いたします。

 

今回は、母校の名古屋学芸大学 映像メディア学科との協働プロジェクト展として発足いたしました。
先生方や学生の皆さんと、約1年間かけて準備を進めてきたプロジェクトが、このような形で中止となることは大変残念です。
何より、学生たちが必死に取り組んでくれた素晴らしい作品が、これ以上皆さんに見ていただけなくなったことを不甲斐なく思います。
プロジェクトの詳細や成果については、後日WEB上で閲覧いただけるよう検討しております。

 

プロジェクトにご参加いただいた皆さんと、ご来場くださった皆さんに心よりお礼申し上げます。

 

歌人・鈴掛真

2020.2.4
メディア掲載のお知らせ
短歌ムック「ねむらない樹」vol.4に歌集『愛を歌え』の書評が掲載されています。
書評を書いてくださったのは、小説家で『校閲ガール』『花宵道中』などの原作者 宮木あや子さん。
Amazonでのご購入はこちら。
nemuranaiki4

2020.1.27
展覧会開催のお知らせ

歌人・鈴掛真と、名古屋学芸大学 映像メディア学科の学生・教員による、短歌と映像・写真・インスタレーションを融合するプロジェクト展を、鈴掛の出身地 愛知県春日井市で開催します。
歌集『愛を歌え』に収録された短歌を、学生たちが各々の解釈でアート作品に再構築。
短歌の言葉から広がる、まだ誰も見たことのない世界を、ぜひご覧ください。

歌人 鈴掛 真 × 名古屋学芸大学映像メディア学科協働プロジェクト展

言葉では伝えきれない感情に
耳をすまして見えてきたもの

2020年2月9日(日)~3月8日(日)
10:00~17:00(入場は16:30まで)
※月曜休館(祝休日の場合は翌平日)
入場無料
文化フォーラム春日井・ギャラリー
愛知県春日井市鳥居松町5丁目44番地
チラシのPDFデータダウンロードはこちら


2020.1.22
ラジオ番組特集のお知らせ

宮城県石巻市のコミュニティFM 76.4MHz「ラジオ石巻」で放送されている短歌ラジオ番組『短歌部カプカプのたんたか短歌』内の歌人・歌集紹介コーナー「現代歌人の小窓」にて、鈴掛真の第一歌集『愛を歌え』が紹介されます。

放送は、2月4日(火)19時からの30分間。
再放送は、2月9日(日)8時30分からです。
スマートフォンやPCで全国からもお楽しみいただけます。
スマートフォンは「ListenRadio」などのコミュニティラジオ対応アプリで、PCからはWindows Media Playerでお聴きください。
iOSはこちら
Androidはこちら
Windows Media Playerからはこちら

また、番組内でご紹介する短歌も募集中。
題詠は「愛」。
1月27日(月)13時までに tanka@fm764.jp たんたか短歌の係までメールでお送りください。
既発表作の応募も可能です。

FMisinomaki

2019.12.17
メディア掲載のお知らせ
「AERA」2019年12月23日号の特集『SNSが短歌をアップデートした』で、歌人の岡野大嗣さん・初谷むいさんと共に取り上げられています。
ぜひ書店やコンビニで手に取ってくださいね。
AERA21594

2019.10.21
メディア掲載のお知らせ
「短歌研究」2019年11月号の特集「新人第一歌集・相互リレー書評」に参加しました。
鈴掛は戸田響子さん『煮汁』の書評を担当。
鈴掛真『愛を歌え』の書評は佐佐木定綱さんが書いてくれました。
ぜひ書店でご覧ください。
tankakenkyu201911

2019.10.9
ラジオ出演のお知らせ
TOKYO FM MUSIC VILLAGE「倉持明日香のバトラジ!」にゲスト出演しました。
‪TOKYO FMのアプリ「WIZ RADIO」内スペシャルコンテンツ(有料)から10月8日〜と15日〜の2回に渡って配信されます。
iOSはこちら
Androidはこちら
suzukake_kuramochi

2019.09.27
メディア掲載のお知らせ
角川「短歌」2019年10月号の特集「結社賞受賞17歌人 大競詠」に参加しました。
5首連作『無に帰する』が掲載されています。
ぜひ書店でご覧ください。
kadokawatanka201910

2019.8.29
トーク&サイン会のお知らせ
第一歌集『愛を歌え』の刊行を記念したトーク&サイン会を、2019年9月22日(日)に下北沢で開催します。
ゲストは、弱冠26歳にしてHello! Projectをはじめとするアイドルへの楽曲提供でも話題の若きシンガーソングライター、山崎あおいさん。
31音で人の心を掴む方法、アイドルに楽曲提供する作詞のポイント、令和時代に言葉をどう届けるか、などなど、”共感されるコトバの書き方”を軸に据え、語り合います。
チケットの購入はこちら。
suzukake_yamazaki
鈴掛真 × 山崎あおい 「共感されるコトバの書き方」
『愛を歌え』刊行記念
2019年9月22日(日)15:00~17:00 (14:30開場)
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
■前売1,500yen + 1 drink order
■当日店頭2,000yen + 1 drink order

2019.8.27
テレビ出演のお知らせ

テレビ岩手で8月30日(金)夜19時から放送予定の金曜MOVE「ボクらの夏 もうひとつの甲子園」に鈴掛真が出演します。

石川啄木の生誕地である岩手県盛岡市で毎年開催されている全国高校生短歌大会(短歌甲子園)を厚切りジェイソンさんが取材されるコーナーで、短歌解説者としてお供させていただきました。

岩手県内のみの放送ですが、ご覧になれる皆さんはぜひお楽しみに!
suzukake_jason

2019.8.13
イベント出演のお知らせ

8月17日(土)、東京都美術館で行われる「TURNフェス5」でトークに出演します。

TURNは、「“違い”を超えた出会いで表現を生み出す」をテーマに、障害の有無、世代、性、国籍、住環境などの背景や習慣の違いを超えた多様な人々の出会いによる相互作用を、表現として生み出すアートプロジェクト。
「TURNフェス5」は8月16日(金)~18日(日)、20日(火)にわたって開催されます。

鈴掛は、8月17日(土)10時30分〜12時、九州大学大学院芸術工学研究院助教の長津結一郎さんによる「わたしたち」の場所を考えるゼミ「in/ex-clusion」の中で、2014年に映画『カミングアウト』を監督した犬童一利さんと共に、「ことばをつくる」をテーマとしたトークセッションに参加します。
入場無料です!
ここでしか聞けないトークセッションをぜひお楽しみに。

TURNフェス5の詳細はこちら。
鈴掛真の出演情報
2019年8月17日(土)
10時30分〜12時
東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)
ロビー階 第1・第2公募展示室
入場無料
※手話通訳・文字支援等のアクセシビリティサービスあり
TURNFES5_keyvisual-1024x663

2019.7.11
トーク&サイン会のお知らせ
8月10日(土)、西洋占星術の鏡リュウジさんのセミナーへのゲスト出演が決定しました。
おみくじに和歌が書かれているように、詩歌と占いの密接な関係について、鏡リュウジさんから学びます。
占星術初心者さん、短歌初心者さん大歓迎のイベントです。
ぜひお越しください。

鏡 リュウジ×鈴掛 真
占星術と短歌で「愛を歌え」トーク&サイン会

2019年8月10日(土)17時〜18時30分
説話社 占い教室「ちえの樹」
〒169-8077 東京都新宿区西早稲田1-1-6
ご予約・詳細はこちら。

0810head

2019.7.5
新刊のお知らせ
第一歌集『愛を歌え』が7月23日より順次全国の書店で発売されます。
雑誌「ユリイカ」でおなじみの青土社より刊行。歌人として活動してきた12年間の作品から厳選した295首の短歌を収録。
帯文は俵万智さんが書いてくださいました。小佐野彈さんによる巻末解説文もぜひご覧ください。
Amazonでの注文はこちら。
aiwoutae_shoei

2019.6.12
自分史コンテストのお知らせ
生まれ故郷の愛知県春日井市で行われる第17回 掌編自分史作品募集 「恋した わたし」のゲスト審査員を鈴掛が務めます。
応募は春日井市民だけでなく、全国から受け付けているので、みなさんも応募してみませんか?
みなさんの素敵な自分史に出会えることを楽しみにしています。
詳細はこちら。
掌編自分史2019

2019.5.25
新連載のお知らせ
講談社「FRaU」WEB版で、エッセイ連載『解放宣言』が始まりました。
世の中の様々な固定観念からみなさんを解放し、今よりもちょっぴり幸せになれる生活を鈴掛真が提案していきます。
第1回のエッセイが公開されました。ぜひご覧ください。
frau-logo-new-large

2019.5.14
エッセイ寄稿のお知らせ
リクルートジョブズのメディア「働き人File」にエッセイ『のらりくらり生きていた親友が、東京から移住してまで選んだ仕事』を寄稿しました。
いちばんの親友と呼べる友人との出会いから、親友が移住を決意するまでのエピソードを執筆しています。
ぜひご覧ください。

2019.3.18
授業開催のご報告
先日の3月9日(土)、東京都町田市の成瀬台中学校で行われた平成30年度「社会人せんせい」で、短歌の授業を開催しました。
短歌の歴史から創作のコツ、実際に歌を詠むまでを学べるプログラムを実施しています。
日本全国の学校での授業・講演を受け付けていますので、ご希望の場合はぜひご連絡ください。
narusedai201803

2019.2.20
映画『空の瞳とカタツムリ』
斎藤久志さん監督の映画『空の瞳とカタツムリ』が、2月23日(土)から池袋シネマ・ロサ他で全国ロードショーされます。
この映画のチラシとWEBサイトに掲載されている応援コメントを、リリー・フランキーさん、山崎ナオコーラさん、加藤千恵さんらと共に寄稿しました。
出演は、縄田かのんさん、中神円さん、三浦貴大さん、藤原隆介さんら。
ぜひご覧ください。
soranohitomito
長い長い詩の朗読を聞いているような物語に引き込まれました。
切なくて、優しくて、痛いほど愛しい詩。
観終わったとき、きっと誰かの体に触れたくなる。
それは男かもしれないし、女かもしれない、誰かに。

鈴掛真
歌人


2019.2.14
メディア掲載のお知らせ
2月9日(土)発売のマガジンハウス「クロワッサン」991号で『ゲイだけど質問ある?』が紹介されています。
ぜひ書店でご覧ください。
croissant-991

2019.2.10
ラジオ出演のお知らせ
TOKYO FM(周波数80.0MHz)で、毎週月曜〜木曜日の19時52分〜20時に放送されている、これからの時代を生き抜くヒントを学ぶ特別授業『未来授業』に出演します。
ラジオ放送は、2月11日(月)~14日(木)の4日間。
放送後は、radiko.jp(1週間限定)またはPodcastでインターネット配信されます。
ぜひチェックしてくださいね。

2019.2.3
メディア掲載のお知らせ
朝日新聞社のWEBメディア「telling,」にインタビューが掲載されています。
ぜひご覧ください。
前編はこちら。
後編はこちら。

2019.1.30
メディア掲載のお知らせ
1月30日(水)発売のマガジンハウス「anan」2137号にインタビューが掲載されています。
ぜひ書店でご覧ください。
an2137_H1-4.indd

2019.1.16
イベント出演のお知らせ
4首の短歌が原作になった映画『ひかりの歌』が、渋谷のユーロスペースで2月1日(金)まで毎日19時に上映中です。
1月23日(水)19時上映後のトークに鈴掛真がゲスト出演します。
杉田監督と二人で「短歌の映像化」についての話を中心に語り合います。
ぜひお越しください。
『ひかりの歌』オフィシャルサイトはこちら
hikarinouta

2019.1.11
メディア掲載のお知らせ
朝日新聞社『好書好日』にインタビューが掲載されています。記事はこちら

 

カレンダーアプリ&総合情報サイト『女子カレLOVABLE』にインタビューが掲載されています。前編はこちら。後編はこちら

2019.1.10
ワタナベエンターテインメント所属のお知らせ
明けましておめでとうございます。
この度、ワタナベエンターテインメントに所属しました。
歌人として、同性愛者として、様々な壁を越えて表現できるアーティストを目指します。
吉田正樹会長と記念撮影。
今年も鈴掛真をよろしくお願いいたします。
suzukake_yoshida